忍者ブログ

大学浪人が決まった人が、予備校生活や独学で注意すべき事

 

カテゴリー:就職への影響

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

浪人したことは、就職に響くのか?

就職難といわれ続けて、はや数年・・・

バブル崩壊後でも、景気が多少上がって、青田買いが行われて年もありましたが、
それでも就職難は相変わらず続いています。


はたして、大学浪人をした人就職に不利なか?
浪人を経験している人にとっては、とても気になるところだと思います。


結論から言うと、「状況による」としか言いようがないのが実情です。

現在のような、有名大学卒業でも就職困難と言われるような時期と、
バブル期のような猫の手も借りたい時期では、全く違うことは
想像も容易にできると思います。


就職率は、その年の景気に大きく左右されます。
これは、受け入れるしかありません。

また、卒業する大学によっても違いがあることは、非常に残念ですが
認めざるを得ません。


学校の知名度や学力によって判断される・・・
こういった風潮が残っているのも事実です。

「これからの時代は実力主義だ」と言われ始めて、
何年が経過したかわかりません。

ですが、そういった企業はまだまだごく一部です。



何浪したか、その回数による違いもあります。

三浪以上していると、就職に大きな支障があるとよく言われます。


しかし、浪人したことが必ずしも就職に響くとは限りません。

その大学で特殊な資格を取得できる場合には、浪人してでもその大学に入学し、
卒業してその資格を取った方が、就職に有利だということもあります。


もちろん、希望している職種の、「需要と供給」のバランスによって
毎年変化するので、注意が必要です。


現代の日本のような少子高齢化社会では、教員などの需要が低くなり、
逆に高齢者を対象とした、福祉関係の仕事などの需要が高まります。

こういった時代背景を把握することもも、就職するためには
必要なことです。


また、企業によっては、浪人してでも合格した精神力を
高く評価してもらえる場合もあります
(比率としては少ないですが)


上記のように、卒業後にどんな職種・業種に就職しようと考えているかにより、
かなりの違いが出ます。

現状では、普通のなサラリーマンの場合は、残念ながら
マイナス評価となることが多いようです。


PR